チェアタイムも削れる!?おすすめのジルコニア除去バー

ジルコニアの補綴物は強くて綺麗なことから、近年とても人気があります。

しかし外さなくてはいけないという場面に直面したとき、多くの歯科医師の方がジルコニアの除去に苦戦した経験があるのではないでしょうか。

ジルコニアは本当に硬く、切削時には火花が散ることもあります。しっかりと接着できているほどなかなか除去できません。削っている歯科医師だけではなく周りでサポートする衛生士はじめとするスタッフもハラハラしてしまいますよね。

少しでも簡単に、時間をかけずに除去するためには技術だけではなく、適切なバーが必要不可欠です。そこでこの記事では、ジルコニアの除去を楽にできる除去バーをご紹介していきましょう。

ジルコニア除去バーを使うメリット

まずジルコニア専用の除去バーを使うメリットは、主に以下のようなものが挙げられます。

術者のストレスが減る

まず除去をする当事者である歯科医師のストレスが減ります。

いつもなら削れるバーでもジルコニアとなるとなかなか削れないわけです。

そうなるとストレスと不安で変な汗をかきますよね。除去に時間がかかるとスタッフたちからの無言のプレッシャーも感じます。

次の患者さんも待っていますので、限られた時間で効率よく仕事が出来れば嬉しいですね。

院内の効率化によるスタッフの負担軽減

ジルコニア除去に予想以上に時間がかかってしまって次の患者さんの予定が詰まってしまった…なんていうことはよくあります。

ジルコニア除去がスムーズに行えることで効率よく治療が進み院内のスタッフのスケジュールもずれることが無くなればスタッフへの負担も減ります。

コストカット

どんな補綴物でも除去の際にはバーを何本も折ってしまうということはよくあります。

しかしジルコニアの場合は桁違いということも。ジルコニア除去バーでスムーズに治療が進められれば何本も折らずに済むことで無駄な費用も抑えられます。

患者さんの負担減

除去に時間がかかるということは、当然患者さんはその間ずっと口を開けていなくてはなりません。

口の中を吸引されているとはいえ、削りカスも口の中にあり不快な状態が続くのです。口を開けている時間が減ることで患者さんも楽に治療時間を過ごせるようになります。

ジルコニア除去バーを使うデメリット

メリットだけではなくデメリットも知っておきましょう。

1本当たりの費用が高い

メリットでコストカットができるといいましたが、折れることが減る可能性が高いとはいえ、折らずに除去できる保証はありません。

バー1本の費用はほとんどが千円以上するので、折れてしまった場合はその分費用が大きくなります。

ジルコニアの除去以外には使いにくいことがある

ジルコニア専用の除去と用途が限られている場合凡庸性がない点も挙げられます。

ジルコニア除去というのも沢山ある症例ではないので他にも使えるものを使うというのも選択肢の一つです。

ジルコニア除去におすすめのバー5選

 

早速ジルコニア除去におすすめのバーをご紹介します。

ジルコニアの除去に苦戦する原因となるバーの粒子の剥がれやすさやジルコニアを切削しやすい粒の粗さに注目しておすすめの除去バーをラインナップしました。

松風ダイヤモンドポイントFG スーパーコース セレクトセット

こちらはすでに使っている方も多いかもしれません。種類が豊富でジルコニア以外の困難な補綴物でもザクっと切れて除去できるというバーです。

歯質を大量切削する際にも使えますが切削力が強いので注意が必要となります。

種類も豊富で凡庸性の高いものがラインナップされているので使いやすいでしょう。

公式サイト:株式会社松風

ジルカット

均一なダイヤモンド粒子による高い研削性能と放熱性が特徴とされています。

切削時の回転による振動やブレも抑えられるのです。

ジルコニア除去バー以外にもジルコニアの調整に使えるバーの種類が豊富なのでセットでそろえるとジルコニアに一通り対応できるでしょう。

公式サイト:カボデンタルシステムズ株式会社

ジルコニア撤去用 Komet 4ZRダイヤ

削る部分のダイヤとモンド粒子を高密度充填しており剥がれにくいように三層構造となっています。さらにダイヤ粒子コーティングまで行い粘着を強固にしているのです。

もちろん切削のための粒の粗さも十分にあり、ジルコニア撤去用と名乗るだけはある構造をしています。

公式サイト:株式会社モモセ歯科商会

プレデタージルコニア

クラウン除去用のバーとして発売されており、メタルボンドなどにも使用可能です。

消耗しにくいという点もポイントで長く使えればコストパフォーマンスも高くなります。

ジルコニアと名前についていますが幅広くクラウン除去に使える点、また初めて使う方用の一本入りから用意しているという点ですぐに導入しやすいバーといえます。

公式サイト:CrossField

ジラマントダイヤモンドバーFG

ドイツ製のジルコニア専用バーで、切削も穿孔も2本で解決できます。

バーのダイヤモンド粒子は大小な様々な大きさでできているため剥離しにくく、粗さも十分にあり切れ味が持続するところがポイントです。

切れ味が良くないと治療の進行に関わるので考慮するポイントとなります。

公式サイト:東京歯科産業株式会社

まとめ:ジルコニア除去バーは実際に使ってみるのが一番

ジルコニアの除去バーは様々なメーカーから発売されています。

どれも魅力的な特徴がありますが実際に使ってみるのが一番です。

ジルコニアの除去は誰でも悩み、その症例がある日には構えてしまいますし、終わった後はドッと疲れが押し寄せます。

自分で気になるものから使って合うものが見つかれば、ジルコニア除去の場面でも焦ることなく落ち着いた対応ができるようになるでしょう。

 

歯科医の先生と歯科医院様へ
期間限定・無料プレゼントのお知らせ

こんにちは、「歯科医のミカタ」を運営しているスリービー・ラボラトリーズの島田勝家です。最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

私たちの歯科技工所【スリービー・ラボラトリーズ】は、時代のニーズと技術革新を先取りしながら、患者様に喜んでいただけるモノ作りをモットーに、多くの歯科医院さまと共に成長してまいりました。

本メディア「歯科医のミカタ」も少しでも先生と医院様に貢献したいという想いで運営しております。そんな私たちの想いを記事にしていただきましたのでぜひご覧ください。

  • ・35年の実績
  • ・口腔内スキャナー対応
  • ・最短4営業日で発送可能
  • ・全国の医院様にお取り扱いいただいています

また、現在、お問い合わせいただいた医院様に、『自費治療率の高い医院様に教えてもらった「上手な医院運営の7つの秘訣」』もプレゼントしています。

「上手な医院運営の7つの秘訣」

さらに今なら!
小冊子を請求いただいた医院様につきましては、「全補綴物3本まで60%オフ」にてお試しいただくことができます。まずは、小冊子をご覧ください。

詳細はこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です